小顔治療を受けよう【医師に相談すれば対応してくれる】

たるみが原因のこともある

女性

機器の詳細を調べる

小顔整形には色々な種類があり大きな手術を必要とするものから、注射をするだけのものまで様々です。どのような顔にしたいかで適切な方法が変わってきますが、大きな手術をしなくても顔の印象をよくすることも可能です。小顔にしたいと感じている時には骨格に問題があるのではなく、皮膚のたるみが原因になっていることも多く、体重が増えたわけでもないのに顔が大きく見えるようになったという時には加齢によるたるみの可能性があります。皮膚は重力の影響で年齢とともにたるみやすくなってくるので、顔全体が大きくみえることもあるからです。骨格の上に脂肪や筋肉があり、それを皮膚で覆うという構造になっていますが、皮膚に張りがある時には脂肪や筋肉をもちあげる力があるので立体的な顔を形作ることができます。しかし、年齢と共に皮膚に張りがなくなってくると支える力が弱くなり、顔の輪郭がぼけて大きくなってしまいます。またそれ以外にも顔が老けた印象になり凹凸が少なくなるので、顔が大きく見えてしまうという一面もあるでしょう。そういった時には皮膚を引き締める効果のある施術を受けるだけで小顔に見せることができる可能性があります。こういった施術はリスクが少なく、骨格を変えるわけではないので体への負担も少なくて済みます。加齢が原因の場合には、このように簡単な施術だけで小顔に見せることもできるので気軽に利用する人が多いようです。年齢を重ねると顔の印象がぼやけがちになるので、少し手を加えるだけで小顔に見せつつ若々しさもプラスすることができます。小顔に見せる施術のひとつであるリフトアップはメスを使わなくても受けることができるものがあります。皮膚を切開してもちあげるような施術はメスを使いますが、皮膚の上から特殊な機器を使って肌の張りを取り戻すことができます。リフトアップできる機器にはいくつかの種類がありますが、中には類似品で効果の保証がついていないものもあるので、どのような機器を使っているのかをしっかりと調べておくことが重要です。機器を肌にあてるだけなので、施術だけを見ていると効果のある機器なのかどうかはわかりません。使用されている機器の名前を確認しておき、医師に作用の仕方を確認したり自分自身でインターネットなどで調べてみたりすると詳しいことがわかるでしょう。たるみ治療のポイントは皮膚の奥まで効果を届けることができるかどうかです。皮膚のたるみは表面の組織だけでなく、皮膚の深い部分にある組織に加齢現象が起きているかどうかで決まります。そのため皮膚表面だけでなく皮膚が作られている層にしっかりと作用を及ぼさなくては効き目がありません。エステなどで行われる美顔と大きく違うのはこういった部分です。小顔にするためには皮膚の深い層までしっかりと効果を届けることができる機器を使っているかどうかを確かめてからクリニックを決めましょう。メスを使ってリフトアップする時には顔の目立たない部位の切開をしてそこで皮膚をもちあげます。皮膚がたるんでいると不要な皮膚ができてくるのでそれを取り除いて、皮膚を縫合します。不要な皮膚を取り除いたことで、皮膚に張りがでてたるんでいた部分を持ちあげる効果があります。